●ご相談者の気持ちを大切に・・・いつも感謝の心を絶やさない● 浮気調査大阪 浮気調査京都
●あなたのご予算内でいつでも調査OK!● 0120-060-043 0120-075-043

  思い出の人探し
 家出調査
 所在確認
 家出人捜索願い

  ご依頼に関するQ&A
 探偵社の選び方
 浮気不倫発見法
 ストーカーの防ぎ方
 家出調査について
 お約束事項について
 女性相談室はこちら
 探偵業法について
 秘密の保持について
 料金案内について
 企業情報について
 特定商取引法の表示


  浮気・不倫調査 
 人探し調査
 結婚・信用調査
 ストーカー対策
 いじめ調査
 家庭内・近隣トラブル
 盗聴器・盗撮器発見
 GPS車両追跡調査
 マンション入居者調査
 企業信用調査
 人事・採用調査
 裁判証拠・資料の収集

●浮気調査の流れ

ご相談は無料!!
まずはお電話orメールに
てお気軽にご相談ください。
24時間・年中無休にて
受け付けいたします。

内容等をお聞きした上で
無料にてお見積もりいた
します。

担当調査員が、調査法
や料金を詳しくご説明
たします。
ご納得いただけた上で
ご契約となります。

ご契約時にお客様が希
される日時・場所から

調査を開始いたします

ご相談者様のご希望に
より調査途中でも中間
告が可能です。
調査終了後には正式な
調査報告書とDVD・写真
等の記録媒体もお渡し
いたします。

ご報告後、法律相談アド
バイス等も無料でいたし
ます。
必要に応じて、法律専門
家等を無料で紹介いたし
ます。



浮気調査大阪TOP人探し調査>家出調査


○家出調査○
当社のおもな人探し調査(行方調査)
調査項目 主な調査対象者
思い出の人探し 恩師、初恋の人、
家出調査 配偶者、親族
所在確認 行方不明者、交際相手   

● 家出調査

家出は事件に巻き込まれてしまうことや思わぬ事故に遭遇してしまう可能性もはらんでいますので、なるべく早く探し出す事がポイントです。

そこで、まず第一に、警察署に家出人捜索願を提出してください。その上で、警察の捜索と平行して探偵社での調査を進めていくことをお勧めします。警察署との違いは、一つの案件を集中して調査できる点にあります。

当社では、家出を大変重いものと捉えており、早期の調査が必要であるという認識をしておりますので、ご依頼者様のご希望があればご依頼された当日から調査を行うことも可能です。

当社では、皆さんの探したいという気持ちに応えられる様、早期調査を心がけております。そして、早急に聞き込みや内偵調査を行い、現在生活している住まいの推察などを行います。

調査費用はお手持ち情報により異なりますが、先ずはお気軽にご相談下さい。


家出人捜索願のご説明はこちら


● 配偶者の家出調査(実例と調査金額)

「ある朝、夫が家を出たまま出勤せずに姿を消しました。真面目な夫だっただけに会社からもその日のうちに連絡がありました。親戚と心当たりのところを探したがまったくわからず、数日後、警察にも捜索願を出しましたが、1週間たっても進展がありません。」
ということで妻が夫の家出調査を依頼。


ご主人の趣味や特徴を十分にヒアリングし、聞き込み調査、張り込み等を行った結果、ご主人は某市内のパチンコ屋で勤務し、愛人と同居していることが判明。奥様に事情を説明し、今後の方針についても話合った。

調査料金/基本料30万円(10日間)+調査実費+成功報酬30万円

※お手持ちの情報や調査の難易度により基本料、及び成功報酬額が前後するケースがあります。


家出人捜索願のご説明はこちら


親族(子供)の家出調査(実例と調査金額)

「高校生の長男が、学校へ行ったまま、自宅に帰らず、一週間以上になります。
しばしば、素行態度のことで父親が注意をしていましたが、失踪日の前の晩は特に激しい口論となっていました。連絡もとれない状態なので探し出したい。」
ご両親は、本人の安否の確認も含め家出調査を希望。


長男の所持品、交友情報などを元に行方調査を行う。友人からの情報や所持品などから、市内の飲食店でアルバイトをし、ネットカフェで寝泊りしていることが判明した。ご両親に調査結果を連絡すると、ひとまず安堵の表情を浮かべたが、無理やり自宅に連れて帰るのも逆効果になると判断され、しばらく様子をみることになった。

調査料金/基本料15万円(5日間)+調査実費(交通費・証拠ビデオ等)+成功報酬15万円 ※交友関係等が判っている場合。

※お手持ちの情報や調査の難易度により基本料、及び成功報酬額がプラスとなるケースがあります。


家出人捜索願のご説明はこちら

このページのトップへ↑
● ご依頼の前に


ご依頼時に、十分な聞き取り調査をさせて頂きますが、相互の時間と費用の節約のため、ご相談前には資料の準備等ご協力のほどお願い致します。
できるだけ調査対象者の特徴が判る写真や調査対象者の所持品等をご用意下さい。
配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律第1条第2項の被害者の所在調査目的の場合、その他、差別、盗聴、盗撮目的、公序良俗に反する目的の場合にはご依頼を引き受けることはできません。

このページのトップへ↑
● お問い合わせフォーム

このページのトップへ↑

Copyright(C) Since 2010 Yamada All Rights Reserved.